高脂血症サプリメント

医師も勧めるEPAサプリメントの脂質異常への効果

EPA/DHAには中性脂肪の低下・LDLコレステロールの低下・サラサラの血液にする効果・血管の弾力性を維持する効果が期待できるとされています。

 

よって医療機関では高脂血症の食事療法で毎日、青魚を食することをすすめていますし、厚労省も推奨しています。
毎日食することが難しいのであればEPA/DHAサプリメントでの摂取も有効としています。

 

しかし、数多くのEPA/DHAなどの高脂血症サプリメントがあるため、どのような基準で選んで良いのかわからないですよね。
そこで、以下の4つのポイントを抑えた高脂血症サプリメントを選ぶようにすると効率的に摂取することが可能です。

EPA/DHAサプリを選ぶ時の4つのポイント


高脂血症を改善するEPA配合の高脂血症サプリメント「きなり」

1袋120粒入り1回4粒でEPA/DHAが500mg摂取可能

 

●EPA/DHAを酸化させないための工夫がされています。
●魚の臭いゼロ!魚嫌いでも飲めるサプリメントです。
●血栓を溶かすナットウキナーゼ配合
●継続しやすい価格設定も人気です。

 

初回=1,980円(送料無料)

高脂血症に効果のあるドリンク「イマークS」



 大手水産食品「ニッスイ」から出た高濃度EPA/DHAドリンク

 

●イマークSは特定保健用食品【トクホ】です。
●1本につきEPA=600mg DHA=200mgと高濃度配合
●中性脂肪の数値を12週間で20%も下げる結果が出ています。

 

お試し初回のみ10本=1,000円  送料無料

 

EPAサプリメントの脂質異常への効果

EPAは、n-3系と呼ばれる多価不飽和脂肪酸で、人間の体では作り出すことができないため、食事から摂取する必要がある必須脂肪酸です。

 

植物ならばα-リノレン酸を含む食品や主に青魚の魚油に多く含まれています

 

EPAには、血栓を作らせない効果や、 コレストロールldl値を低下させる作用や高脂血症をはじめとする生活習慣病を予防する効果があります。

 

EPA摂取の効果は神戸大学で行われた臨床試験でコレステロール低下と心臓病予防の効果が確認されています。

 

イヌイット民族がコレステロール値が低い理由

 

EPAに関する研究は、北極の近くに住むイヌイット民族を対象にした調査が最初で、イヌイットの循環器系疾患の罹患率が顕著に低いのは、
主食のアザラシやクジラにEPAやDHAが多く含まれているのが原因であると考えられました

 

日本でも、漁民と農民の脂肪酸構成比を比較したところ、漁民の方がEPAの比率が高く、
血小板の凝集しにくさが確認されていることから、ldlコレステロールが血栓の予防や高脂血症の予防に役立っていると考えられています

 

 

ldlコレステロールを下げるEPAサプリの有効性

 

EPAの特徴的な効果としては、
善玉コレステロールを増やし、悪玉コレストロールや中性脂肪を減らす効果が高く、動脈硬化を予防し血栓溶解(血液をサラサラ)にすることです。
これは高脂血症・糖尿病の予防につながり、最終的には、心筋梗塞や、脳梗塞、脳溢血、脳卒中を発症するリスクを軽減します。

 

血液をサラサラにする食生活

 

どのような食事内容が高脂血症や糖尿病などのドロドロの血液をサラサラにしてくれるのでしょうか?

 

脂質異常症時の食事の効果的な摂取の仕方は、青魚をグリルなど加熱せず生のまま刺身にして食べることです。
熱を加えると、EPAやDHAなどの有効成分が溶け出してしまいます。

 

又、EPAやDHAは体内での酸化すると十分な効果を出すことができません、よって体内での酸化を防ぐためには、ビタミンEの豊富なゴマなどと一緒に摂取するとよいでしょう。

 

ごまサバやニンニクドレッシングを使った簡単な調理法の魚貝サラダが理想的です。

 

朝食・昼食・夕食で毎日の新鮮な刺身は難しい

 

忙しい現代、毎日新鮮な刺身を食べるというのは経済的にも生活スタイル的にも厳しいのではないのでしょうか?
そんな方には高脂血症サプリメントが手軽で継続しやすいかもしれません。

 

ただ、高脂血症サプリメントはその効果の高さから様々な商品が販売されていますが、上記にも記載した酸化していない、EPAやDHAという魅力的なポイントです。
高脂血症サプリメントを選ぶ時には、どのような状態の魚からどのようにしてEPAやDHAを凝縮しているのか明記してある高脂血症サプリメントを選ぶようにしましょう。

脂質異常(高脂血症)とは?

脂質異常症と言う病気は別名「高脂血症」 とも呼ばれ、生活習慣病の一種で主に肥満体型の人に多く見られる傾向が有ります。
高脂血症の原因のほとんどが食生活の乱れからくるもので、最近での食生活の欧米化や一人暮らしでのインスタント食品の過剰摂取や
運動不足からくるものが多く見かけられます。

 

脂質異常症の 診断基準は、基本的に血液検査により、中性脂肪とコレステロールの数値で一目で判断がつきます。
高脂血症の治療方法も薬物療法も同時に行う場合も有りますが、基本的には生活習慣の見直しや運動療法、
また肥満体型の人の場合は減量等の方法が使われます。

 

ついつい夕飯にてんぷら・揚げ物・コンビニ弁当

 

高脂血症は大病を患う危険性はあるのに警告的な高脂血症の症状は特に出ず、高脂血症がは病気と言う認識が無く生活習慣の改善努力まで繋がらないのが現状です。

 

本人の認識が甘く、仕事で忙しくてついついインスタント食品で済ましてしまう、、外食やコンビニ弁当を多用してしまうなど
なかなか高脂血症の治療と言う行動に繋がりません。

 

他に病気を抱えている人は同時に治療しようと言う意識が働くのと違い、高脂血症の数値が血液検査で出た以外に身体に異常が見られない場合は深刻に悩みません。

 

しかし、高脂血症は高血圧と同じくサイレントキラーとよばれる病気で症状が出ないかわりに症状が出た時は死をもたらす取り返しがつかない可能性があるのです。

 

高脂血症は他の生活習慣病や冠心病的症状や 肝臓病の悪化をもたらします。

 

コレステロールが高いならタバコの喫煙はやめましょう

 

万病の元と言われるタバコ(たばこ)は活性酸素を生み出し血管を傷つける上に、一服する度にキュッと血管が縮みます!

 

これも血管の劣化につながり、脂質異常で劣化している血管をさらにキレやしくしてしまいます。

 

脂質異常症の段階で禁煙はすべきです。

 

 

 

医療保険使わないことは日本国のためになる

 

 

高脂血症は生活習慣を見直すだけでコレステロール値が下がる成果が出やすい病気です。
1人1人が意識を変えることで、自分の命への危険なリスクを下げることができます。

 

医療保険を使って薬の処方をしてもらうのは国の財政を圧迫するだけです。
コレステロールを下げるために生活習慣を変えるのは自分のためだけでなく医療費の削減にも繋がり社会貢献にもなるのです。

脂質異常(高脂血症)がもたらす危険因子

高脂血症(脂質異常症)は、動脈硬化の危険因子です

 

高脂血症が軽度の場合は自覚症状はありませんが、ひどくなると動脈硬化から様々な病気を引き起こし、その病気の症状が現れます。

 

コレステロールが多い場合に現れやすい症状と、中性脂肪が多い時に現れやすい症状があります。

 

LDLコレステロールやVLDLコレステロールが多い時は、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、一過性脳虚血発作(TIA)、

 

閉塞性動脈硬化症(ASO)、慢性腎疾患を発病し、最悪の場合は命を落とすケースもあります。

 

胸痛、頭痛、手足の脱力、片側の麻痺、意識障害、手足のしびれ、尿所見の異常などに要注意です。

 

虚血性腸炎も動脈硬化に伴って起きることがあり、強い腹痛がおこります。

 

膵臓・肝臓にも影響する高脂血症

 

中性脂肪が多い時は、膵炎や肝脾腫、発疹性黄色腫が見られます。

 

肝脾腫は余分な中性脂肪が肝臓や脾臓に蓄積することでおこります。

 

無症状のこともありますが圧痛を伴うこともあります。

 

発疹性黄色腫は、黄褐色の4〜7ミリほどの丘疹がポツポツと臀部、大腿前面、ひじ、膝、頸部に集まってできます。

 

膵炎は、激しい腹痛と嘔吐がおきます。

 

高中性脂肪血症で、最も重篤で最も頻度の高い合併症が膵炎です。

 

高脂血症がもたらす死亡率が高い病気

 

高脂血症は放置すると、プラークが割け死亡率が高い冠動脈破裂命・大動脈瘤破裂などのリスクの確率が高くなります。

 

食生活を改善しつつ薬さえ飲んでおけば死ぬことはなかったと後悔した時には・・・

 

早期発見・早期に脂質異常症の原因の 改善が重要です。

 

コレステロールを下げる治療薬

 

生活習慣で改善できるコレステロールですが、早急に対応しないと危険な方は医者が処方するリピトールなどの薬剤の服用が必要になるでしょう。
しかし、薬剤での治療は高脂血症を治療するという対処療法です。

 

生活習慣を何も変えず薬の力でコレステロールを下げることは良くありませんので、高脂血症の根本的な解決を目指すなら、生活習慣を整える又は、又は高脂血症サプリメントなどを飲むのが大事です。

 

投薬が始まったらやめられない

 

老人に処方される大量の薬を見て何の薬だろう?と思ったことありませんか?

 

血圧を下げる薬やコレステロールを下げる薬など毎日飲まないといけない薬を1か月分処方してもらっているんです。

 

コレステロールのような薬は一度投薬は始まったらなかなかやめられません。

 

老人は服用を辞めればコレステロール値が上がってしまう傾向があるからです。

 

リピトールジェネリック薬

 

毎日かかさず飲む薬となると家計の負担です。
ですから、ジェネリックを処方してもらうと少しは助かりますよね?

 

コレステロールを下げる薬リピトールにジェネリックはあるのでしょうか?

 

アトルバスタチン錠などがありますのでリピトールの半額以下で処方してもらえます。

中性脂肪とコレステロールとメタボリックシンドロームのメカニズム

中性脂肪とコレステロール混同して考えられがちですが働きが異なることをご存じでしょうか?

 

中性脂肪はメタボリックシンドロームの元凶です。

 

内臓の周りに溜まるエネルギーになる成分です。

 

体内に取り込まれた、食物の中で最初にエネルギーになるのは糖です。

 

余った糖は、中性脂肪として内臓の周りにエネルギーとして貯蔵されます。

 

よって、メタボリックの症状改善のために運動をすすめられるのは、運動をして中性脂肪を燃やしないさいということなんですね。

 

コレステロール値の性差

 

男性の方が女性よりメタボになりやすく、さらに女性の方がコレステロール値が低い傾向があります。

 

メタボは、女性が皮下脂肪に脂肪が蓄えられるのに対し、男性は内臓に蓄えられるのが原因です。

 

コレステロールが女性の方が低い傾向にあるのは女性ホルモンのエストロゲンのおかげです。

 

性差によって女性の方が中性脂肪やコレステロールに関しては優位ですが、女性も更年期を過ぎると守ってくれていたエストロゲンの減少によりコレステロール値が高くなりやすくなります。

 

中性脂肪もコレステロールも適正値を超えて血中に存在することは健康被害を招く結果になります。
よって、生活習慣を見直し、どちらも適正値に近づくようにすることが、重篤な病気のリスクを低減しましょう。

 

ldlコレステロールを下げる有酸素運動効果

 

生活習慣の見直しにかかせないのは、食事の節制と運動です。
中性脂肪やコレステロールの値が高くなるのは飽食の時代と便利な時代がもたらしたまさに現代病と言えます。

 

食べたカロリーや過剰な栄養は運動で消費すればいい
簡単なことですが、毎日となると難しいのではないのでしょうか?

 

簡単な有酸素運動の代表ウォーキングを気軽にチャレンジ程度で充分、疲労回復が必要なほどの筋トレやカロリー消費は不要です。

 

 

コレステロールの重要性

 

コレステロールは体にとって、「害」や「悪者」だと思っていませんか。
実は私たちが生きていく上で、必要不可欠な役割のある成分なのです。

 

体内に存在する約60兆個の細胞一つ一つの表面は、細胞膜で覆われています。

 

ですから、私たちが生き続けるためには細胞を作り続けることが必要不可欠です。

 

そして、その細胞を作る際に必要な膜の原料こそがコレステロールです。

 

そのため、血液中のコレステロールの数が減ると、細胞膜自体の構造がもろくなってしまいます。
血管や組織が衰えてしまい、脳出血の原因になったり、皮膚組織の老化で張りのない状態になってしまいます。

 

高脂血症は免疫力まで落とす

 

細胞膜本来の働きを行う事が出来なくなり、免疫力まで低下してしまいます。

 

免疫力が低下することによって、感染症やがんにかかるリスクが高くなり、病気が回復する治癒能力までも低下してしまいます。

 

高脂血症の影響で女性ホルモン(エストロゲン)不足で不妊に

 

さらに、体内に存在する各種ホルモンもコレステロールによってできています。
卵巣で作られるエストロゲン、黄体や胎盤で作られるプロゲステロンがうまく生成されないと生理の乱れをもたらし、結果的に不妊の原因になります。

 

高脂血症の影響で男性ホルモン不足

 

精巣で作られるアンドロゲンがうまくつくらないことで男性ホルモンの不足になります。
男性ホルモンが不足すると性欲の減退によるEDや精巣機能の低下で精子量の減少による男性不妊の原因をもたらします。

 

高脂血症によりステロイド不足でストレスによるうつ病も

 

副腎で作られる副腎皮質ホルモン(ステロイド)があります。

 

高脂血症による副腎ホルモンの不足は、ナトリウム維持や炎症の抑制ができなくなり、ストレスへの対処などもできなくなり、うつ病を発症する要因になるなど支障をきたします。

 

高脂血症による肌荒れ

 

コレステロールは胆汁の主成分である胆汁酸の原料でもあります。酸は食べ物で摂取した脂肪分の消化吸収を助ける働きがあります。

 

よって、コレステロール不足は脂肪分をうまく消化できないことにつながり下痢やビタミンの吸収がうまくてきなくなってしまいます。

 

ビタミンが吸収されないと肌荒れや肌の老化をもたらします。

 

hdlコレステロール

 

コレステロールには悪玉と善玉がありますが、hdlコレステロール(善玉)と呼ばれる方は血中のコレステロールを肝臓へ運び分解を促す働きをします。

 

つまり、血液がドロドロにならないための働きを担うので同じコレステロールでもhdlは私たちにとって良い働きを行うコレステロールです。

中性脂肪とコレステロールはどのように体を蝕むのか?

中性脂肪とコレステロールの数値が高いと重篤な病気のがリスクをもたらすということはわかったと思います。

 

では、どのようにして体を蝕んでいくのか知るとより健康への意識が高まると思いますので知っておきましょう。

 

【中性脂肪が多いことで起こるリスク】

 

血液中に中性脂肪が適正値より多くなると血液がドロドロな状態になり流れが悪くなります。
流れるスピードが遅くなることで、その場、その場の血管にとどまる時間が長くなることになります。
これは、血管の詰まりを促すことになり、血栓ができやすい状態になります。
血栓は血の塊なので、血栓の塊が剥がれ、脳や心臓で詰まったりすると脳梗塞や心筋梗塞をもたらします。
よって、中性脂肪を適正値にすることで血栓が作られるリスクを軽減する必要があるのです。

 

ここまで読むと血栓が剥がれたら即、危険な状態に陥ると思ってしまいますが、元気な血管であればそのリスクは軽減します。

 

そこで、私たちには直径が広くしなやかで丈夫な血管が必要だということになります。
直径が広いと、血液の詰まりが起こりにくく、もちろん血栓のつまりも起こりにくいからです。
さらに、しなやかであることで血管がくねくねと曲がっても影響がなく丈夫であることで血管が切れにくくなるからです。

 

 

そんな理想的な若い頃の血管は加齢とともに劣化しはじめます。
しなやかさが徐々になくなり硬くなっていきます。
これが、加齢に伴う血管の劣化です。

 

【LDLコレステロールが多いことで起こるリスク】

 

そんな自然劣化してきた血管に小さい傷がついた時、血中に過剰なLDLコレステロールがあるとLDLコレステロールが傷口に入り込み血管にコブを作ります。
そのコブが破れると血液を固めようとする成分が働き、これが結果として傷口に血栓をもたらしてしまいます。
傷口→コブ→破裂を繰り返すことで血管の劣化つまり動脈硬化をもたらします。

 

よって、過剰な中性脂肪と過剰のコレステロールは連動しながら血管の劣化の促進と血栓を作り出すことで重篤な病気へと導いていくのです。
このように、中性脂肪やLDLコレステロールが多い状態が高脂血症です。
高脂血症になるということは、上記のような状態が血液の中で起こっていると死のリスクが高まっていることがわかると思います。

 

さらにが男性におこる勃起不全はドロドロ血液のサインと言われています。
陰茎は静脈が細いため血管の劣化が起こると血液流れることができず勃起の過程で発生する血液を多量に海綿体に取り入れることができず勃起不全をもらすからです。

 

近頃弱くなった・・という方、原因はコレステロールかもしれません。

 

ldlコレステロールの基準値

LDLコレステロール 60〜119mg/dL

 

これが理想的な基準値になります。
この数値を維持することで血管の老化をゆるやかにし、健康的な体でいられるます。

 

ldlコレステロールの基準値を超えると

 

境界域高LDLコレステロール血症

 

LDLコレステロール値 120〜139r/dl以上

 

として、レッドラインに近づくことになります。

 

糖尿病治療で言えば、糖尿病と診断される寸前と同じ状況でギリギリの状態です。

 

LDLコレステロール血症140mg/dL以上
高LDLコレステロール血症と診断され、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

 

1型糖尿病と高脂血症に食事指導は必須

 

1型糖尿病も高脂血症も血管を劣化させてしまう病気です。

 

つまり1型糖尿病と高脂血症を併発してしまうとWで血管が切れるリスクが高まることになります。

 

肥満が原因で糖尿病になった人の多くが1型糖尿病と高脂血症を併発している傾向があります。

 

よって肥満による運動療法・食事療法でのダイエットは1型糖尿病と高脂血症どちらの治療にも必須な治療内容になります。

 

健康診断と測定方法

高脂血症は血液検査ですぐに判明します。

 

しかし、多くの人は、少しくらい数値が高くても、なかなか生活習慣を見直そうとしません。
少しくらい大丈夫だろうという過信があるからです。

 

そこで、より正確な血液検査の結果が出るように、検査前の食事から注意が必要です。

 

まず検査前日12時間は絶食します。
飲み物も、お茶やお水のみに、糖分が入ったジュースたお酒は控えます。
また、検査前日の3度の食事も脂質の多い料理を避けるようにしましょう。

 

検査当日は朝食を抜き、飲み物もお茶かお水のみの摂取にします。

 

そこまでコントロール後に採血した血液検査の結果は非常に正確です。

 

血液検査の結果

 

健康診断の結果LDLコレステロールが高かったり総コレステロールが高かったらすぐ生活習慣を見直すことをおすすめします。
食事内容の改善や運動に加え高脂血症サプリメントを服用することも良い結果をもたらします。

 

ただ、どのように見直ししていいかわからな場合は、町が無料で行っている相談会やセミナーなどに参加して生活習慣の見直しのヒントを得るのがおすすめです。

 

さらに、次の健康診断で数値が下がらなかったり、または上がった場合にがすぐに病院で診察を受けましょう。

 

特に40歳前後の人は、その時の生活習慣の見直しが、年齢を重ねていく先々の健康に大きく影響を及ぼします。
逆にいえば、今なら間に合う!!という感じでしょうか。
だからこそ、今すぐ数値を下げたいという方は運動+高脂血症サプリメントがおすすめです。

 

まずは30代後半に入ったなら年に一回の健康診断を受けるこをおすすめします。

 

定期検診でコレステロール値が高いと指摘されたら

 

定期健診でコレステロールの高さを指摘され、生活習慣の改善や、食事内容の見直し等の方法で、コレステロールを下げたいと考えている人も少なくありません。

 

サプリメントを摂取したり、コレストロールを下げる薬を飲むなどの方法で、体調管理をしている人もいます。

 

病院の治療や、コレステロールを使わずとも、生活の改善や、食事の見直しでコレステロールを下げるにはどうすればいいでしょう。

 

普段の食事内容を見直すことで、コレステロールを減らすための食事をすることができるようになります。

 

保険に入るなら告知が必要

 

脂質異常症の治療を始めると保険に入る際告知が必要になってきます。

 

保険に入れるか否かは、LDLコレステロール値の状態が良く合併症を発症してないなど様々な条件がつきます。

 

それでも保険の種類によっては入れないこともあります。

 

ですから、健康診断でひかかった時点で食事を見直しましょう。

 

まずはコレステロール値を上げる原因となる食品を摂取することをできる限り控える必要があります。
魚の卵、鶏の卵はいずれも高コレステロール食材なので、くれぐれも食べ過ぎないようにします。

 

血液中の悪玉コレステロールを減らす作用がある食材としては、イワシ、サンマ、アジなどの背の青い魚が代表格だと言われています。

 

ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸が青魚には含まれているため、コレステロールを下げることが可能です。

 

食物繊維や、ビタミンEもコレステロールを下げる作用がありますので、利用してみてください。

 

 

日頃から飲酒の習慣がある方はアルコールの摂取を控えて(節酒)、糖質や脂質の多い食事から、野菜類や海藻を多く摂ることができる積極的に和食にしましょう。

 

毎日の食事の内容を見直して、体にいいものを偏りなく食べることが、コレステロールを下げることにつながります。

 

無料の保健指導を上手に利用して悪い食事と食べ物を知りましょう

 

町が主催する健康診断を受ける際のアンケートに【保険指導を受けますか?】という問いが書かれている場合があります。

 

特に栄養バランスの知識が少ない男性は保健婦さんの指導を受けると栄養素の知識が増え自分でコレステロールの摂取量を下げる事ができるようになります。

 

女性の場合も自分だけでなく、家族のために保健婦さんの指導を受けるとまた、コレステロールを減らす効果がある食べ物を、意識して食事に取り入た食卓になるでしょう。

 

 

ldlコレステロールを下げる薬以外での脂質異常症の治療法

 

脂質異常症にならない為には、危険因子を取り除なら肥満を防ぐ事が一番です。

 

肥満には皮脂脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2種類がありますが、特に脂質異常症を招くのが内臓脂肪型肥満です。
腹部や内臓の周囲に脂肪がつくタイプで、男性に多く見られます。

 

女性は皮下脂肪型肥満が多く見られますが、閉経後は内臓脂肪型肥満に鳴りやすい傾向にありますので注意が必要です。
肥満は生活習慣の乱れによって起こりやすいですので、日々の食生活を気を付け、運動習慣を身につけましょう。
必要な栄養をバランスよく、適切な量摂取することが最も重要です。
脂肪も体に必要な栄養素です。

 

しかし、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、肉に含まれている飽和脂肪酸は、体内でコレステロールに変わりやすいですので、取り過ぎは禁物です。
大豆製品や青魚などに含まれている不飽和脂肪酸を摂取するようにしましょう。
また、脂質異常症の改善に望ましい運動はウォーキングなどの全身運動です。

 

まずは無理をしない程度の運動強度から始め、慣れてきたら徐々に運動量を上げていきましょう。

 

病院での脂質異常症の治療法(薬剤)

 

脂質異常症の治療では、まず生活習慣の見直しから始めます。
心血管疾患の危険性が高いほどの高中性脂肪血症の場合は薬物治療を行いますが、そうでない場合や閉経前の女性などは生活習慣を見直すことで改善される可能性があるからです。

 

アルコールを飲んでいる方は禁酒をし、甘いものが好きな方は糖分を控え、カロリーの摂取量を適正にして体重をコントロールします。

 

しかし、食事制限を3ヶ月間行っても改善が見られない場合は、フィブラートやEPAなどの薬物療法も開始し、生活習慣の見直しと平行して行います。

 

数種類のスタンチンの投与

 

糖尿病を合併した脂質異常症については、スタンチンを使った薬物療法をおこなっていきます。

 

 『クレストール』・『リピトール』・『リバロ』などの薬はすべてストロングスタチンと呼ばれ、コレステロールを下げる作用が強い薬になります。

 

肝臓でのコレステロールの合成を抑え、LDLコレステロールを下げる作用がある為、動脈硬化の発症を予防する効果が高いといわれています。

 

薬の強さは変わらない

 

 『クレストール』・『リピトール』・『リバロ』を最小量で処方した場合は作用・副作用に大きな違いはないとされています。

 

しかし、処方限度量は 『クレストール』が最大20mgと最小の8倍まで増やせるため一番強く効く薬と言われます。

 

高血圧で高脂血症で起きる合併症について

 

高脂血症の方の多くが高血圧であるという傾向があります。

これは、高脂血症の特徴であるドロドロした流れにく血液が血管の中を流れることで、血管壁に負担がかかり高血圧になるからです。
このような状態は、Wパンチになり血管を劣化させる速度を速め動脈硬化になります。

 

高血圧自体は癌のように直接死因にむすびつくような病気ではありません。
しかし、高血圧の怖い所は、体中の血管が劣化し、限界に達した時、脳では、脳血栓・脳梗塞・脳出血くも膜下出血など血管が破れ出血する重篤な病気をもたらし、心臓では、心筋梗塞、狭心症、大動脈剥離など血管が避けたり、詰まったりが起こることで重篤な病気をまるで時限爆弾のように抱えている状態を作りだしているのです。

 

高脂血症でかつ高血圧の場合はリスクを軽減するためにも、まずは食生活を見直すこと、喫煙する方はすぐ禁煙すること、肥満の方はダイエットすることが有効です。
どれもすぐには無理だという方は高脂血症サプリメントを飲むむらいでしたら今すぐ始められるのではないでしょうか?

 

悪玉コレステロールを下げる方法

 

個人でなかなかわかっていてもできない食事でのコレステロールコントロール。
わかっていはいるがなかなか改善できないものです。

 

しかし、治療になる前に必死に行いましょう!
なぜなら脂質異常症の治療に食事は重要だからです。

 

そのため治療は普段どのような食事をしているのかの調査や記録から始まります。
人間の体には体質と言うものがあり、全く同じものを食べていても体への吸収効率は違うのです。そのため適量がどの程度であるか、改善すべき点はどこにあるのかについてはその人ごとに特徴があり、一概には言えない問題であることが分かっています。

 

一般的には脂質異常症と言えば高脂血症であることが多くなっていますので、食事制限が主な対処になるでしょう。
揚げ物を避けて煮物や焼き物の置き換えて行くこと等が脂質を減らすために役立つことが知られており、出来るところから脂質の削減のための献立を取り入れ食事内容の修正から指導されていくことになるでしょう。

 

 

内服薬では治らない

 

脂質異常症にはたとえ投薬をしたとしても、数字的にはコレステロールの値が下がっても食事の改善を行わなければ薬が効かなくなってきて薬の量を増やしていかなければなりません。

 

本当の意味で高脂血症を改善するには食事を変えるしかありません。

 

しかし、食事は1日の楽しみであり、好きな物を食べることは癒しです。
好きでもない食事を健康のためとはいえ、やめなければいえないのは苦痛でしかありません。

 

だからといって病気にはなりたくない。。
そんな人におすすめなのが、高脂血症の改善に期待ができる高脂血症サプリメントなんです。

 

今までの食事内容を少しだけ改善しサプリメントを服用することで、過度なストレスを感じず食事内容の改善ができます。

 

悪玉コレステロールを下げる食品一覧

 

・野菜・・玉ねぎ・ブロッコリー・キャベツ・ほうれん草

 

ドリンク1杯で大量の野菜が取れると人気の青汁やスムージー
アポカド・明日葉・黒酢・酵素・ヨーグルト(善玉菌)

 

・きのこなどの菌類

 

・海藻・・わかめ・もずく

 

水溶性食品
 麦飯・ 納豆・ オクラ

 

・アーモンド くるみ ナッツ類
ビタミンC・ビタミンEが豊富

 

・アマニ油(亜麻仁油)(アマニオイル)
血管若返りで話題の商品

 

どれも、血液サラサラにするとよく言われる食品ばかりですね

 

現代人には高脂血症に効くn-3系脂肪酸サプリがおすすめ

 

戦後の日本は食料不足のため高脂血症になる人なんてほとんどいなかったのではないのでしょうか?
それが、高度経済成長とともに外国から様々な食習慣が日本に入ってきたため、日本人の朝食の定番、ごはん、しいたけや昆布ダシの味噌汁、お新香、魚が減少し、パン、牛乳、ハムエッグ、サラダに代わってきました。

 

朝食だけみても、もともとの日本の朝食内容では、高脂血症なんて無縁です。

 

しかし、欧米化された朝食を見ると、すべてのものに脂質が含まれています。
一番低カロリーで小食であるだろう朝食だけみても、日本人はオイルを昔より多くとるようになったことがわかります。

 

これが、昼も夜も洋食となると、どれだけ脂質を取るんだろうと昔に日本人の食事の内容からすると本当に贅沢ですが高脂血症になりやすい食事内容ですよね。

 

魚・鯖缶・納豆・和食最高!

 

我が家もそうですが日本人の食卓の変化として魚が食卓に上がることより肉が食卓に上がる回数が多くなりました。
日本人の魚を食べる量は毎年確実に減っています。

 

つまり、日本人が魚からEPA/DHAを摂取する量が確実に減っていることをあらわしています。
そして、魚の摂取量に反比例するように高脂血症を発症する人が増えています。

 

現代日本人は飽食の恩恵を受ける代わりに高脂血症のリスクを引き受けたようなものです。
魚を食べなくなった分、高脂血症サプリメントでリスクを回避することが現代日本人にはかかせないのかもしれません。

 

ただ、最近の動きとして日本人が魚を購入しなくなったことで、漁連が魚を食べるように喚起しだしています。

 

特に最近は鯖缶など調理済みの魚の缶詰も美味しくなって食べやすくなっています。

 

さらに、魚・魚・魚〜魚を食べるとーという歌はご存じでしょうか?
これは子供をターゲットにした魚を食べることを促す歌ですね。
魚好きの子供を1人でも増やすことは将来の日本にとっても良いことですし、子供にはサプリメントは飲ませたくありませんから魚を食べてもらうことが一番ですもんね。

 

この動きが、魚を食べる人口が増える→血液がサラサラになる→高脂血症が減るという流れになると皆が明るくなれるというものです。

 

魚を食べなくても血栓予防になると話題の納豆を食べて納豆のネバネバ成分ナットウキナーゼを取ることはしたいですね。

 

最近話題の小林製薬から発売されたナットウキナーゼもオススメですが、副作用のない、きなりでカバーできます。

 

たんぱく質摂る肉なら鶏肉+マヨネーズなしのサラダ

 

たんぱく質は大事ですが、肉の部位や種類によっては脂肪をたっぷりとることになります。

 

コレステロールを下げたい時は肉を食べるなら淡泊な鶏肉を選び、ビタミンと食物繊維たっぷりのサラダを選びます。

 

ドレッシングもマヨネーズではなく、ノンコレステロールのドレッシングを選ぶようにしましょう。

 

食物繊維の飲み物青汁

 

魚・納豆がダメならせめて食物繊維たっぷりの青汁を毎日飲むのはどうでしょう?

 

食物繊維にも血管をサラサラにする効果がありますし、青汁にはたくさんのビタミンが含まれているので血管老化を阻止の予防効果が高い飲み物です。

 

サバ料理好きの福岡県はコレステロール標準値が低い

 

全国の中でサバの消費がダントツに多い福岡では、コレステロール値が低い人が多いという統計が出ています。

 

明太子のような魚卵が博多の食卓には頻繁に出ますが、それでもコレステロール値が低いとはサバがそれだけスゴイってことでしょうね。

 

 

薬物療法は本当に正しい手段か?

 

医者が処方してくれるお薬を飲むと治った気持ちになりませんか?
安心できるというか、あーこれで大丈夫的、この薬がないと病気がぶりかえすんではないか?と思っていませんか?

 

確かに、がん治療のための薬は延命にかかせない薬です。
しかし、生活習慣病とも言われる、高脂血症や高血圧はこれに値しないかもしれません。

 

高脂血症と診断されるとリピートールなどドロドロの血液を溶かす薬を処方してくれます。
血液がサラサラになるのですから、血圧も下がりますし、血液検査では高脂血症も改善されています。

 

コレステロールを下げる薬は使い分けが大事

 

スタチン系・・肝臓でのコレステロール合成を阻害する

 

PCSK9阻害薬・・PCSK9阻害薬もスタチン同様にLDL受容体を増加させ肝臓でのコレステロール合成を抑制します。

 

スタチン系とPCSK9阻害薬は併用するこよでより効果的に働きます。

 

フィブラート系・・中性脂肪を低下させる

 

コレステロール異化促進薬・・肝臓で合成されたコレステロールのうち胆汁酸に変換され体外に排出される量を増やす薬です。

 

ニコチン酸系・・コレステロールの排泄を高めます。

 

ローコール錠

 

ローコール錠はコレステロールを下げる薬として処方されるスタンダートスタチン系の錠剤です。
スタンダートスタンチン系はストロングスタンチン系よりもコレステロールを減らす力は劣りますが、3か月も継続して服用すれば悪玉コレステロールを減らす効果が血液検査の結果ではっきりわかります。

 

高齢者などの老人罹患率をさらに上げる薬剤の弊害

 

高脂血症の薬を飲んでいると、コレステロールの数値は下がってきます。

 

しかし、これは薬を飲んでいるからであり、薬の服用を止めれば高脂血症と診断される数値に戻るか元以上に悪くなります。
だからと言って、薬飲み続けているともっと強い薬にかわっていきます。

 

これは、私たちは誰しもが年をとり、年をとるということは肌の劣化だけでなく臓器の劣化が起こるからです。
加齢による血管劣化や加齢により分解機能の低下に伴い自然に増加する高脂血症の数値や血圧上昇は避けられないのです。
これを証明するように、多くの老人はリピトールを処方されています。

 

つまり、高脂血症は生活習慣病なので、脂っこい食事を変えずに薬の力だけで脂質の値を下げていたのであれば
だんだん、薬も効かなくなってくるので有効成分が高くなる、つまり強い薬になっていき、薬を手放せなくなってしまうのです。

 

しかし、本来は生活習慣病で改善できる高脂血症や高血圧なのですから、食事や運動や高脂血症サプリメントの服用をするだけ薬漬けから解放されることも可能なのです。

 

 

食べ物を替え痩せるだけで

 

130キロと巨漢の男性が運動と普通の食事でダイエットをするという企画でした。
彼は投薬を医者からすすめられたのをきっかけにTVのダイエット企画に出演していたのですが、1か月の通常の食事とハードな運動で、薬が不要なほど高脂血症の数値が早い期間で改善したのです。

 

やはり、高脂血症は薬の前に生活習慣で改善するだけで、かなりおもいレベルでも改善できるということですね。

 

 

飲酒をやめる肝臓の数値を下げたらコレステロールも下がった?

 

肝臓の数値を下げるために自然由来のタウリンやウコンやレシチンなどアミノ酸を摂取する人達がいますが
肝臓の働きが良くなると肝臓は中性脂肪の合成を押さえる働きが活発に発揮します。

 

高コレステロール血症の上に肝臓も悪い人には健康食品の選び方が大事になってきますね。

 

注意したいコレステロールが増えてしまう年齢・薬

 

持病のために服用している薬の副作用でコレステロール値が増えていきます。

 

又、人は誰でも年をとりますが、加齢そのものがコレステロールを上げる原因にもなります。

 

ルナベルの副作用に注意

 

ルナベルは月経困難症に処方されるお薬でホルモン剤です。

 

ルナベルには様々な副作用がありますが、コレステロール値が増えるという副作用もありますので、ルナベル使用している方はコレステロールを下げる食材やサプリメントを積極的に摂取しましょう。

 

 

高脂血症サプリメント口コミ

 

45歳の健康診断でコレステロールの数値が基準値を若干オーバーしました。

 

食生活でコレステロールを下げることを決め

 

魚を食べて卵を食べないなど工夫をしましたが旦那が肉好きでマヨネーズ大好きということもあり

 

魚ばかりの食卓に文句を言われたのでサプリメントに切り替えました。

 

毎食のメニューを考える手間も省ける上に高脂血症予防がサプリメントを飲むだけでできるので助かっています。

 

高コレステロール血症・高脂血症・脂質異常症の違い

 

脂質異常症はLDLコレステロール・トリグリセライド・HDLコレステロールのいづれか1つが正常値を超えると呼ばれていました。

 

その上でLDLコレステロールが140mg/dL以上だと高コレステロール血症と呼ばれ
高脂血症はLDLコレステロールが140mg/dL以上かトリグリセライド150mg/dL以上だよ呼ばれていました。

 

しかし、2007年からこれらすべてを脂質異常症と呼ぶようになりました。

 

 

dhcの高脂血症サプリ

 

大手通販会社DHCが販売している高脂血症サプリにはEPAとDHAの2種類があります。

 

DHA・・30日分=1191円
EPA・・30日分=950円

 

2種類ともの難でも2941円と安いのが特徴です。

 


1袋120粒入り1回4粒でEPA/DHAが500mg摂取可能

 

●EPA/DHAを酸化させないための工夫がされています。
●魚の臭いゼロ!魚嫌いでも飲めるサプリメントです。
●継続しやすい価格設定も人気です。
●抗酸化成分アスタキサンチン配合

 

初回=1,980円(送料無料)



 大手水産食品「ニッスイ」から出た高濃度EPA/DHAドリンク

 

●イマークSは特定保健用食品【トクホ】です。
●1本につきEPA=600mg DHA=200mgと高濃度配合
●中性脂肪の数値を12週間で20%も下げる結果が出ています。

 

お試し初回のみ10本=1,000円  送料無料

 

 

姉妹サイトはこちら

 

緑でサラナ

更新履歴