高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

脂質異常症にならないためには

脂質異常症にならないためには

現在、脂質異常症を治療する際には3つの方法が主流となっています。

 

1つ目は、医師による薬物療法です。
血液中の成分のバランスを図るために服薬することも一つの方法ですが、まずは生活習慣を見直すことが大切だといわれています。
そのポイントとなるのが法運動療です。
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を1日に30分から1時間程行うことで効果を現すといわれています。
運動を行う上では準備体操を十分に行うことや事前に医師や専門家に相談した上で運動量を設定する必要があります。

 

さらに重要になってくるのは食事療法です。
調査において脂質異常症の約80%以上の人が過食や高脂肪食だといいます。
食事療法で配慮することは、やはり栄養のバランスです。
高カロリーにならないように白米を玄米に替える、全粒粉を使ったパンを地理入れるなど簡単なことから始めてみましょう。

 

また、よく噛んで食べることや腹八分目に押さえることも効果的です。
食物繊維や緑黄色野菜を食材に加えることで脂質異常症を予防・改善することができます。
生活習慣を見直して改善することは、脂質異常症の予防にもつながります。
つまり早めの改善は、早めの予防になるのです。

関連ページ

脂質異常症の予防(運動)
脂質異常(高脂血症)にEPA配合のサプリメントが効果的だと医者も予防を兼ねて推奨しています。
脂質異常症の方の食事
脂質異常(高脂血症)にEPA配合のサプリメントが効果的だと医者も予防を兼ねて推奨しています。
脂質異常症の予防(禁煙)
脂質異常(高脂血症)にEPA配合のサプリメントが効果的だと医者も予防を兼ねて推奨しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ